「生きた道々」カテゴリーアーカイブ

どうせ変わらない?自分と自分の可能性を疑う前に

自分のやるべきことは何か
生きたいのはどんな人生か
どうしたらそれができるのか
そのためには何が必要なのか
どのような戦略が必要なのか

一生懸命考える
考えに考え抜く

それを積み重ねてしばらくしてふと自分の状況を見てみると、
あまり大して変わっていない

どうしてちっとも変わらないんだろう?
まだ全然知識が足りないのか
自分には必要な能力・リソースが足りないのか
やっぱりそう簡単には変えられないのか

行き詰まりを感じ、焦りがこみ上げてきて
自分の熱意や能力に対する不安、不信が出てくる
夢がしぼみ、力が抜けていく

そんなことを結構繰り返してきた

でも、ふと思いついた
自分を、可能性を、自分の努力の成果を疑う前に、自分が本当に「行動できているか」確認しよう

夢が妄想になっていないか
– 本当の夢と、ないものを追いかける渇望が混在していないか

行動を起こせているか
会うべき人に会っているか
外に出て現場を見ているか
足を動かしているか、アクションを起こしているか
ゴールに向かって何かを作ってみているか
やったことを形にしてShipしているか

自分の行動を広げているか
新しい人に会っているか
新しい場所に行ってみているか

本当にやり尽くしたのか
会うべき人にすべてあったか
やれることはすべて試したか
可能な失敗をすべてやり尽くしたか

こうやって振り返ってみると、意外と行動が起こせていないことに気がついた
なかなか時間が自由にならないとか
どんな行動を起こせばいいか、まだ発想力が貧困だとか
そんな問題はあるのだろうが、十分行動にできていないことは明らか

とすれば、それは自分の能力やリソースや可能性や運などのせいにして、自分はダメだと考えるのはお門違い

自分や自分の努力を疑うのは、やることをやってから
それまでは、安易に自分や自分の努力を疑うことはやめよう

そう決めました。

自分も心当たりがあるという方々、頑張りましょう!

危機中毒に気をつけて

生命を脅かすような問題は反射的に、最優先で取り組む必要がある。

社会の変化が激しくなっている最近は、僕らを取り囲む問題にこうした「危機的」問題が多くなってきた。

でもこの危機への対応、気をつけないと中毒性がある

外から投げ込まれた課題や「危機」への対処ばかりに取り組んで「危機対応」に順応しすぎてしまった人は、問題がないとどうしていいかわからなくなってしまう。

挙げ句の果てに次の大変なことを探し回るようになる。

問題というのは、理想とする状況と現実との間のズレ。

問題に取り組むのは、やるべきこと、やりたいことの障害を取り除くため。そういう意味で問題意識は自分の中から、自分の軸との関わりの中で出てくるべきもの。

問題に取りくむことに中毒になっては意味がない。

自信は価値ある行動の上に

自分を信じることは大事なこと。

単に何となく気分が良くなるからとかではなくて、人に伝えること、新しいものを創り出すこと、何かを世に問うこと、すべてが自分を信じることから始まるから。

でも、それが難しい。

セス・ゴディンのブログで良いことが書いてありました。

「自分を信じろ」というアドバイスをいくらもらっても、「自分を信じよう」といくら自分に言い聞かせても、確信は得られない。

自信を前借りしてそれを基盤にこれからすばらしいことをやっていけるに違いないと力むよりも、むしろ、行動を通して自分に対する確信を築き上げていく方が現実的。

まだ自分に自信が持てなくても、自分が本心から価値があると思えることをまず実行する。

ほんの小さなことでもいい。

そして、自分が価値あることを実行し、大切に思えることを生み出せたことをしっかり実感する

その上で、次の価値あることを実行する。

そうやって徐々に大きな価値を生み出す行動を重ねる。

そうして積み上げた行動を振り返ってみれば、自分の力を確信できるようになる。

 

大学改革の行く末

あまり簡単にもうダメだとかは言いたくはないですが、今の大学を取り巻く「改革」にはかなり根本的な疑問を持たざるを得ません。内田樹さんのこの記事(「国立大学改革亡国論「文系学部廃止」は天下の愚策」)、長いですが、大学の側から見た光景が非常に正確に捉えられていると思います。

内田さんも言っているように、国立大学にも問題は少なくなかったが、昨今のコロコロ変わりつつどんどん強引になっていく文科省からの「改革」を見ていると、国立大学という仕組みや文科省主導の教育制度は近いうちに機能不全に陥るだろうと思います。少なくとも、自分が命を懸けるような教育の場ではなくなります(今でもほとんどそうではなくなっています)。

実業界からすれば、時代錯誤とか社会の実情やニーズから乖離しているなどと見えるのでしょうが、社会のすべてが今の経済活動に最適化されるべきだと考えること自体が危険だということに気がつかないのでしょうか。それとも、大学での教育や研究も経済活動に最適化して実業界での即戦力だけを育てることを求めなくてはならないと思うほど、実業界はじり貧で余裕がなくなっていると言うことことなんでしょうか。

どちらにしても、大学での教育・研究環境の破壊はものすごいスピードで進んでいます。この記事の最後で内田さんが指摘しているように、あるべき教育を考える場は私塾しかないかなと僕も思っていて、大学の枠を離れた教育活動の道を真剣に考え、模索しています。

できなかったことをやってくる時間

先日とあるワークショップに参加したのですが、そこで出された課題が非常に面白くて、刺激的でした。

その課題というのは、「2時間半あげます。これまでやりたかったけれどもできなかったことを何か一つやってきてください」というもの。

ビックリしません?

しかも、これは、ワークショップが始まり一通り自己紹介(これがまた「ふつう」じゃなくて面白かったんだけど)が終わったところで出された、一発目の課題。

即興に弱い(というか極度に緊張する)僕はちょっとしたパニックに陥りました。別にたいそうなことをやれと言われているわけではないので、力まなくてもいいんですが、力んでしまう性分なんです。

他の参加者が次々と部屋を去ってそれぞれのミッションに向かっていく中で、とにかく気を落ち着けて考えました。

「そう言えば山手線一周ってしたことないなぁ。この機会やってみるか。さすがに2時間半もかからないだろうし…」

しょうもないことだけどとりあえず何か思いついたことにホッとして、窓から見える景色を眺めていたら、あった、あった、やりたいと思い続けていたのにやることができないでいること!

それから30分ほどで2つミッションを達成しました。

一つは、自分でビデオトークを撮ること。
中にはご存じの方もいると思いますが、今2人で「エデンの東口」というネット番組を作ってYouTubeで公開しています。でも、1人でもどんどんビデオトークを撮っていく度胸を付けたいと思っていたので、試しにでも撮ってみようとずっと思っていたのですが、なかなか機会がなかった。そこで、何でも良いからスマホで自撮りのビデオを作りYouTubeにアップしてしまうことで、これまでの「やりだせない」を壊してしまおう、と思いました。

もうひとつは、外で歌ってそれをビデオに撮ること。
これはこれ自体が目的ではないのですが、やはり自分がずっと始めたいと思ってきた挑戦への一歩です。僕には自分で歌を作って気持ちよく歌いたいという夢があるのですが、いかんせん恥ずかしがりなので、人前はおろか大きな声で歌を歌うことができないんです。でも、歌い始めなければ、いつになっても気持ちよく歌えるようにもならないし、自分の歌を作って披露する夢も叶わない。そこで、この機会に、この壁にも風穴を開けておこう!と思ったのです。

やり終えて思いましたが、この経験はとてつもなく大きかったです。自分が変わりました、ほんとに。

もともとできる人には何てことはないと思いますが、どんな形であれ、怖さを乗り越えてできた、というのは感動的でした。

こういう「これまでやりたかったけれどもできなかったことを何か一つやる」という機会を意識的に持てると、自分を新しい方向に展開させていくきっかけをつかむことができそう。そんな予感にワクワクしました。

こんな感覚は久しぶりです。よかった!

「何を」よりも、まず「誰に」与えたいか

セス・ゴディンのブログにこんなことが書いてありました:

顧客と一口に言っても、世界観、価値観、抱えている問題、求めているストーリー、支払ってもよいと思っている対価・時間、すべて面でマーケットは均一ではない。

商品やサービスを売ろうとするときに、まず売るものを決めて、作り込み、マーケットに投入してみる。でもこういうやり方だとハズレも多い。

まず考えるべきは何を売るかではなく、誰に売りたいか。それを決めてから、その人たちだけをターゲットにした、具体的なニーズに応えるものを作る。

この話はモノやサービスの提供について書かれてはいますが、どんなことであっても、人のために何かを作り出そうとするとき、全く同じことが言えますよね。

僕がやりたいことは、好奇心を刺激したり、価値観や世界観を広げたり、考える力を鍛える手助けをしたり、自分でもできるというやる気を起こさせたり、という人に力を与えることが主ですが、どんな人、もしくはどの人に向き合いたいのかを突き詰めると、やるべきことがはっきりとしてくる気がします。

みなさんも、人のため、世のために何かをしたいけど、何をして良いか分からない、もしくは今ひとつ効果が感じられない、というときは、どの人に向き合うのかを具体的に絞り込んでいくと見えてくることがあるかも。

[読] Creativity, Inc. (ピクサー流 創造するちから)

Creativity, Inc.: Overcoming the Unseen Forces That Stand in the Way of True Inspiration

『ピクサー流 創造するちから』

John Lasseter と共にPixarを作り引っ張ってきた Ed Catmull が書いた本。

常に観る人の想定を越えて、アッと言わせる作品を生み出し続ける共同的創造作業の現場をどのように作り、維持してきたのか、その苦労を、これまでの作品作りの舞台裏を明かしながら、自らの経験として語っている。Pixarの映画作りの歴史の本としても楽しめる。

この本を読むと、Pixarのマジックは決してただの幸運などではなく、身と心を削る苦労の賜物だということがよく分かる。

Pixarの活発な創造空間を維持しているものは簡単なスローガンなどには決してまとめられるものではないが、すべての人を生かし切る、率直に建設的に意見を言い合う信頼関係を保つ、積極的にリスクを冒せる安心を保つ、環境や関係の変化に対応して常に柔軟に考え動く、などの指針が心に残った。

日本語版を読み始めたが、誤訳や分かりにくいところが多々あったので、英語版を買い直して読んだ。英語版の文章はとてもよく書かれていて読みやすく、感動的。日本語翻訳もがんばってはいるが、原書の魅力が十分訳し切れていないのが何とも残念。

 

[読]「経営者を支え、起業家を育てる」

小出宗昭(富士市産業支援センター長):経営者を支え、起業家育てる:朝日新聞デジタル(フロントランナー) (2014.5.10)

【メモ】

・売上げを伸ばす方法は3つ:販路拡大、新分野進出、新商品・サービス開発

・起業をめざす人への有効なアドバイスは3つ:真のセールスポイントを生かす;ターゲットを絞る;必要な人や企業をつなげる

ひと生かし、能力生かし、地域おこし

・起業家に限らず、地域で働くあらゆる人の「挑戦」を応援して地域にたくさんのチャレンジャーが生まれれば、地域は元気になる。テーマは「チャレンジャー大量排出作戦」

・コーディネーターに必要な素質:高いビジネスセンス;コミュニケーション力;情熱(覚悟をもってとことん向き合う)

・相談に来る人は、人生を懸けてやってくる。だからこちらも命がけ

・(企業支援事業)の成功はコーディネーターにかかっています。「一生懸命やっています」なんて意味がない。求められているのは結果のみ。地域に支持されたかどうかの指標となる来場相談件数の公表は必須です。

・もちろんすべてがうまくいくわけではありません。成果が出るのは7割ほど。でも、失敗してもまた次がある。もう一度チャレンジすればいいのです。僕らの提案はコストをかけません。だから何度でもチャレンジできるのです。

・どんな企業にも必ず、オンリーワンがある。それを見いだして、応援するのが僕たちの仕事

人には必ず生かされるべきものがある

リディラバに参加します

先日、以前からその理念や活動に強い関心を持っていたリディラバという団体の代表の安部敏樹さんとお話しして、この団体の活動に関わらせてもらうことになりました。
このリディラバは、潜在的なものも含めた幅広い社会問題の現場へのスタディツアーを企画運営する団体で、人々の関心を高め、その関心を現場に送り込むことを通して社会問題が放置されにくくする社会を作っていくことをめざしています。
関心という糸で人と人をつなぐ。それと同時に、個人の中に周りの世界への関心を刺激することで社会に対する当事者意識をもたらす。当事者意識を持った人は問題を「自分が変えたいこと」として感じるようになる。自分が行動することが社会問題を取り巻く環境を変化させることに気づくと、「世の中は自分が変えられる」という気持ちが起こる。その自信が行動を引き出す。そんな良い連鎖を作り出すことを通して自分から行動する個人を増やす。
その、人と人をつなぐ、自分から行動する個人を増やす、という側面が私がやりたいことと非常に親和性が高いのです。
これからの展開が楽しみです。

自分が何者かわからない時

自分はどんな人間なのか、どんなことが得意なのか、どんな強みをもっているのか
自分の中を掘っても掘ってもわからない
自分の内側から必死に見回してもわからない

無理もない
なぜなら、人の「力」「役割」「強み」が根本的に他の人との関係の中で形作られるからだ

他の人が自分に認める力や強み、他の人が自分に期待する役割
そんなところから自分の存在の意味が見えてくる

だから、自分が何者かわからない時は、とにかく人との関係の中で動いてみるといい

  • 人と一緒に何かに取り組む
  • 人のために行動してみる
どんなに自分を見つめ続けても見えてこなかったものがきっと見えてくるんじゃないかな